電話発信ボタン
株式会社ホーム・スタイルにお問い合わせ

思い出そう 当時のことを

阪神淡路大震災が発生してから

今日で23年が経ちました。

それまで経験したことのない揺れに襲われ

恐ろしい思いをしましたが

平穏な日々を過ごしていると

徐々に当時の恐怖を忘れてしまいます。

よく、地震のさいは、ガスコックを締めてから逃げること

と云われますが

分電盤のブレーカーを落すことも忘れないように。

阪神淡路大震災のさいは、火災の60%が

通電火災によるものだったそうです。

通電火災とは

地震のさいに、広範囲で停電になります。

停電になると、電化製品は動かなくなります。

電化製品が倒れたり、物の下敷きになったり

電気ヒーターの周りに物が倒れたりで

物が散乱した状態になります。

そのままの状態で避難してしまうと

停電が復旧したさい、電線がショートしたり、ヒーターが動きだしたりで、

物に引火し、時間差で火災が発生します。

こういった火災を 通電火災 といいます。

避難のさいには、慌てず、ガスコックと分電番ブレーカーを落すように心がけましょう。

今一度、当時のことを思い出し、防災意識を高めましょう。

このページのトップに戻る