電話発信ボタン
株式会社ホーム・スタイルにお問い合わせ

◇給湯器の凍結◇

今回は給湯器の凍結についてのご紹介です

寒い時期によくある話ですが、不在時や長期にわたりお家を空ける際は

水抜きをしてください


こちらの現場は管体の交換と基盤も交換になりました

以下、水抜きの方法です

  1. 運転スイッチを「切」にします(その際、電源プラグは抜かないでください)
  2. ガスの元栓と、給水の元栓をしっかり閉めます
  3. キッチン、洗面所、浴室など給湯器につながっている蛇口をすべて全開にします
  4. 水抜き栓を開けます
  5. 水を抜きます
  6. 電源プラグを抜きます

水抜き栓の形状や場所は給湯器の種類や建物によって異なります。自宅の水抜き栓がどこにあるのかを確認しておきましょう。戸建て住宅では、台所、洗面所、浴室などの床にフタがあり、その中に水抜き栓のハンドルが設置されていることもあります。マンションなどでは玄関ドアの横の鉄製扉の中によく設置されています。

また、通常の水道管の凍結は蛇口から糸状に水を流しておくことで防げます。凍結しやすいのはメーター部分なので、メーターボックスに布を詰めたり発泡スチロールで覆ったりして保温するのも効果的です。

水抜きをした後に給湯器を使う方法

再度給湯器を使うときは、次の手順で給湯器をもとの状態に戻します。こちらも必ずお使いのガス給湯器の取扱説明書をご確認の上作業を行うようにしましょう。

  1. 水抜き栓を閉めます
  2. 室内すべての給湯の蛇口を閉めます
  3. 給水元栓を全開にします
  4. すべての蛇口から水が出るのを確認します
  5. ガスの元栓を開けて使用します

これからもまだ寒い時期が続きますので、お気をつけください!!!

このページのトップに戻る