電話発信ボタン
株式会社ホーム・スタイルにお問い合わせ

■ゼオスキンを使ってみた■

自粛期間中、韓国ドラマにハマり、韓国の女の子達の美意識の高さに触発され、私も取り敢えず美白から始めてみました。

トラブル肌で年中吹き出物が出て吹き出物の跡が常に残っている汚肌ですが、今回あの有名なゼオスキンのセラピューティックコースを昨年末に始めて普通の人並みに大分マシになりました☺☆

肌の漂白剤と呼ばれるハイドロキノンと、シミ・シワに有効なトレチノインがメインなので皮膚科処方が必要ですが、使用中はとにかく皮剥けスゴくて何もしていないのに鱗の様に皮膚がボロボロ落ちます!!(コロナ禍のマスク着用で何とかごまかせてますが、ファンデーションは厳しいです)

そして焼ける様に熱くて痛い!!😢(皮膚がめくれているので当然の如く)

トレチノインは皮膚科処方の0.05%を使い切り→0.1%に変更

皮膚が超絶パリパリになり、動かす度に口角は切れて顔を洗うのですら酷く沁みますが、それを最長期間までターンオーバーを繰り返し、終わった後の肌の白さと剥き卵の様な質感には感動しました!笑

しかし、ずぼらな性格故、その後のケアを怠り一瞬でリバウンド(ちゃんとケアする事でずっと保てます)

ハイドロキノンとトレチノインは劇薬なので、休薬期間を2か月設けて7月より再び始めました。

今回は連続使用を止め、肌がザラついた時や吹き出物が出てきた時のみ集中して使用しています。

それだけでも一週間で皮剥けが始まり綺麗になります(いかに劇薬か判ります) 

今後もずっと使い続ける事を考え、遂にラインで購入笑

デメリットは元々薄い肌が更に薄くなった事。

目元周辺の皮膚が薄い部分は血管が透けて、気温が高い日は顔全体がかなり真っ赤になります💦

ただし、レーザーでは取れない肝斑やシミも薄くなるくらいなので、耐えられそうな方は一度お試し下さい☆

このページのトップに戻る