電話発信ボタン
株式会社ホーム・スタイルにお問い合わせ

定礎ってなに?

建物の玄関あたりにある『定礎』って?
石材や金属プレートに『定礎』と書かれたものを見かけます。
建物を建てる際には色々な行事があり
地鎮祭・上棟式などのひとつに定礎式なるものがあります。その際に埋め込まれるものを定礎石と呼びます。
建物がある程度完成した時点で、工事に対する感謝と今後の安泰を祈願しはめ込む儀式となっています。
多くの場合、定礎石の奥には『定礎箱』なるものがあり、住所・発注者・設計者・施工者などを書いた定礎名板や氏神様のお札、建築図面・当日の新聞・お金などを入れ納められています。
卒業式などでやったタイムカプセルのようになっており、簡単には取り出すことはできないようになっています。

このページのトップに戻る