電話発信ボタン
株式会社ホーム・スタイルにお問い合わせ

建築工事の行事や式典はどのようなもの?

建築工事にはどのような行事や式典があるのでしょうか。

●地鎮祭(起工式):ぢちんさい(とこしずめのまつり)
・工事にあたり、土地の神様を祭って、土地の平安堅固を授けて頂き保障してもらう。また、工事の無事を祈る祭儀。

●上棟祭(式):じょうとうさい(むねあげのまつり)
・新築の棟木をあげるさいに家屋の守護神と工匠の神を祭って、新居に幸せあれと祈る祭儀。また、今後の工事の無事をお願いする。

○定礎祭(式)
・定礎石を据える祭儀。

○清祓式
・建物の解体や井戸を埋めたり、工事中に事故が発生したさいにお祓いをする儀式。

●竣工式(落成式・新室式):しゅんこうしき(にいむろのまつり)
・工事が無事に終わり感謝の心を神々に報告し、新居に住む人の幸福をお願いする。

大きな工事になれば増えてきますが、一般的には、●印を行うことが多いです。

このページのトップに戻る