電話発信ボタン
株式会社ホーム・スタイルにお問い合わせ

床の衝撃音について

建物の中で物を落としたり、人が動くことで床が直接振動し固体伝播音(声など空気を伝わるものを空気伝播音)として下階などに伝わる音を、床衝撃音と言います。

床衝撃音には、人がとび跳ねたり、椅子を動かしたりしたときなどに「ドスン・ガタン」と鈍くて低い音の重量衝撃音と、物を落としたりスリッパなどの「コツン・パタパタ」と軽めで高音域の軽量衝撃音に分けられます。

重量衝撃音はLH-○○と表し、床の材質が固くて重いほど遮音性能は高く、マンションなどでは床コンクリートの厚みに比例します。(梁で囲まれた床面積の広さにも関係します)

軽量衝撃音はLL-○○と表し、床仕上げ材はフローリング・石貼りなどよりもカーペットや畳のように吸音性が高いものほど性能が高くなります。メーカーさんの努力によりマンション用フローリングが開発され近年は直貼りのものがよく使われています。

重量・軽量衝撃音はとも数値の小さいものほど性能が高くなります。

性能のよいものを使用してもやはり、生活するうえで注意が必要ですね。

このページのトップに戻る