電話発信ボタン
株式会社ホーム・スタイルにお問い合わせ

塗装材の劣化現象

外装塗材の艶がなくなり、手で触ると白い粉のようなものが付着する事がありますが、塗材の劣化現象のひとつで、チョーキング現象(白亜化現象)というものです。

黒板などで使うチョークの粉のようなのが由来です。

塗材の種類で発生年数は変りますが、施工後、5~10年程度で発生してきます。

塗材は、顔料(粉体)と合成樹脂・添加剤を溶剤や水で混ぜ合わせたものです。

太陽の紫外線や雨・風の影響で樹脂・添加剤が劣化・流れ落ち、顔料が表面に現れ、色褪せし白い粉となります。色が付いている場合もあります。

紫外線や雨・風を受けやすい面がチョーキング現象が早く現れる傾向になります。

チョーキング現象が現れたから直ちに塗りなおす必要はないですが、そろそろ塗直しの検討をしていく目安になるかと思います。年に1回は、家の外壁や塗装している門などを点検してみるのもよいのではないでしょうか。

このページのトップに戻る