電話発信ボタン
株式会社ホーム・スタイルにお問い合わせ

シーリング材について

前回は、1成分形のシーリング材の種類について書きました。

今回は、主なシーリング材の特徴と用途について簡単に書きます。

◆変成シリコーン系

・特徴

耐候性が高い

塗装前・塗装後でも使用する事ができる

塗装する事ができる

・用途

窓枠廻り、屋根の板金部、金属廻り、配管廻りなど

動きの大きな(熱などの伸縮など)目地に最適

広範囲な用途に使用できる

◆ポリウレタン系

・特徴

耐久性は高いが紫外線に弱い

ホコリを吸付けてしまうため、塗装する必要がある

・用途

コンクリート、木材、金属、窓枠廻り、配管廻りなど

◆シリコーン系

・特徴

抜群の耐熱・耐寒・耐候性がある

目地周辺を汚すことがある

・ミラーガラス、大理石などには、時として波形の模様が現れる

・外部に化粧仕上げで使用すると外壁などを汚してしまう場合がある

塗装ができない(塗料がのらない)

・用途

ガラス廻り

(基本的に、ガラスにはシリコーン系しか接着しない)

金属・金物廻り、屋根の板金部、プラスチック、配管・ダクト廻りなど

塗装をしなくてもよい化粧仕上げの場合は、シリコーン系。

外壁など塗装をする場合はポリウレタン系・変成シリコーン系。

(外部では、紫外線の影響を受けるため、塗装しシーリング材を保護するほうがよい)

上記のなかでも、熱(太陽など)の影響を受けやすい箇所には変成シリコーン系。

という感じで、選んでください。

このページのトップに戻る