電話発信ボタン
株式会社ホーム・スタイルにお問い合わせ

これからの時季注意しましょう。

今回から3回程に分けて”熱中症”について書きたいと思います。

高温多湿へと向かう時期です。熱中症には注意しましょう。

高温多湿な気候に身体が適応できないことで起こる症状の総称を”熱中症”といいます。めまい・立ちくらみ・顔のほてりなどは熱中症のサインです。

熱中症には、

・熱失神

皮膚血管の拡張により血圧が低下し、脳への血流が減少。

症状

めまい、一時的な失神、顔面蒼白など

・熱疲労

大量に汗をかき、水分補給が追いつかないと身体が脱水状態となる。

症状

全身けんたい感、悪心・嘔吐、頭痛、集中力や判断力の低下など

・熱けいれん

大量に汗をかき、水分だけを補給し、血中塩分濃度が低下したさいに足・腕・腹部などの筋肉に痛みを伴ったけいれんが起こる。

症状

筋肉痛、手足のつり、筋肉のけいれんなど

・熱射病

体温の上昇により中枢機能に異常をきした状態。意識障害がみられたり、ショック状態になる場合もある。

症状

体温が高い、意識障害(呼掛けや刺激への反応がにぶい)、言動が不自然、ふらつくなど

症状により対処方法もことなってきます。

次回は対処方法について書きたいと思います。

このページのトップに戻る