電話発信ボタン
株式会社ホーム・スタイルにお問い合わせ

●築数十年→隅々まで明るくなった家●

昔ながらの築年数が経った団地をリフォーム。
梁が多く凹凸が部屋が狭く見える原因なのですが、真っ白なクロスと明るめのフローリングにした事により、部屋の隅々まで明るく広く見えます。

反対側からのアングル。
境目が目立たない様、建具と引き戸もクロスと同じ白で統一。
極力部屋と部屋の段差を減らした事で視界にもスッキリ見えます。

コンパクトなキッチンですが、十分な収納と調理スペースで家事の導線もスムース。
向かって正面の壁は汚れが付きにくいパネル仕様で、調理後の掃除もラクです。

寝室や一人部屋に最適な広さ。
こちらも他室と同様、同じクロスとフローリング使用。

リビング横にある和室。
こちらは落ち着いた雰囲気で、来客用のお部屋としても。

築数十年経ってるとは思えない程、新しく生まれかわりました。
洗面所は色を使う事が多いですが、今回は扉も真っ白に。
床は汚れが目立ちにくいグレージュを採用。
明るさと清潔感が出ました。

浴槽はやや小さめですが、追い炊きや冬の入浴時に足元の冷たさを感じさせない床と体を洗うスペースもあり、機能的には充分な設計。
昔ながらの団地ですと浴槽の横にバランス釜が有ったりしますが、リフォームでバスタブのサイズを広くする事も可能です。


古さを感じさせない、明るく清潔感が感じられる玄関。
靴を脱ぐスペースは汚れが目立ちにくい大理石柄のフロアタイルを使用。

このページのトップに戻る